トリバゴのCM女性がうざい?実はすごい旅行比較サイトを比べてみた

「ホテル?トリバゴ」と金髪女性が流暢な日本語で話すCMで話題のトリバゴ。名前は聞くけど、いったいどういうサービスで、どういうメリットがあるの?と思っている方も多いと思います。

トリバゴは旅行比較サイトの一つで、他にもトラベルコTravel.jpフォートラベルといったサイトがあります。今回は、旅行比較サイトについて解説し、各旅行比較サイトのメリットとデメリットを紹介します。

トリバゴ(trivago):ホテル検索・料金比較アプリ

トリバゴ(trivago):ホテル検索・料金比較アプリ

trivago GmbH無料posted withアプリーチ

ホテルを予約する5つの方法

旅行やビジネスで航空券などの交通手段の手配をしたら、次はホテルや旅館などの宿泊先の予約です。みなさんはどうやってホテルを予約していますか?

ホテルに直接電話して予約

もっとも伝統な予約方法が、宿泊したいホテル・旅館への電話です。インターネット夜明け前の1990年代は、「じゃらん」などのホテル情報雑誌を見て直接ホテルに電話する方法が主流でした。現在では宿泊予約がほとんどオンラインに移行しているので、ホテル側も電話受付窓口は縮小する傾向にあります。

最近ではオンラインでしか予約受付をしていないホテルも増えてきています。電話予約だと正規料金での宿泊となる場合が多いので、インターネットにアクセスできる環境があるのなら、オンライン予約のほうがお得と言えます。

旅行代理店に出向いて予約

JTB近畿日本ツーリストなどの旅行代理店に出向いて予約する方法も、伝統的な手段の一つです。大手旅行代理店では大量に商品(客室)を仕入れて販売するので、ホテルの正規料金より安い値段で購入できるというスケールメリットがあります。

また、ANAやJALなどのフルサービスキャリアと提携し、ホテル+航空券のパッケージプランを安く購入できるというメリットもあります。旅行に慣れていない方でも、窓口の販売員が丁寧に説明してくれるので安心です。

しかし、旅行代理店は実店舗で営業しているので、店舗賃料や光熱費、人件費などがかさみ、オンラインサイトと比較して料金が高めになるというデメリットがあります。また、最近はLCC(ローコストキャリア)の躍進がめざましく、旅慣れている方なら航空券はLCCで手配したほうが安く済む場合もあります。

 

ホテルの公式サイトで予約

多くのホテル・旅館などは、自社公式サイトからの予約も受け付けています。公式サイトは、オンライン予約サイトと比較して写真や施設の説明が充実しています。そのホテルの部屋の間取りやルームサービスの内容、レストランの値段など詳細なサービスまで見ながら宿泊の検討ができるというメリットがあります。

また、公式サイトでの販売価格に最低価格保証をしているホテルも多くあります。旅行代理店や予約サイトで販売してもらうと手数料が発生しますが、公式サイトなら手数料が不要なので安く販売できるのです。

 

オンライン宿泊予約サービス(OTA)で予約

2000年代に入ってオンライン宿泊予約サービス(OTA, Online Travel Agency)の比率が急激に高まってきました。国内サイトなら楽天トラベルじゃらん、海外サイトならBooking.comHotels.comなど、数多くのOTAが存在しています。OTAは、実店舗を持たず、インターネット上でのみ営業している旅行代理店です。実店舗を持っていないので、経費を低く抑えられるので料金が低めなのが最大のメリットです。

一方、多くのホテルは、複数のOTAに商品(部屋)を販売しています。これは、各OTAにより顧客層が異なるためで、自社ホテルに宿泊してほしい顧客が多そうなOTAを選んで販売をしているのです。

日本人に多く来てほしいのであれば国内サイト中心に、外国人に沢山来てほしいのであれば海外サイトを中心に販売します。また、高級ホテルのみを扱うOTAや、バックパッカー向けの格安ゲストハウスを中心に取り扱うOTAなど、バラエティに富んだOTAが多数存在しているのです。

そして、実はホテル側は、同じ日の同じ部屋を、OTAによって異なる価格で販売しています。これは、各OTAによって顧客層が異なること、また、手数料率が異なることからホテルが戦略的に行っています。富裕層が多いOTAには高めの設定で販売したり、食事付きを好む顧客が多いOTAには夕食付きお得プランを販売したりと、営業上の工夫をしているのです。

 

旅行比較サイト(メタサーチサイト)で予約

OTA登場後も、泊まりたいホテルの最安値を調べるには、複数のOTAを検索するという手間が必要でした。その手間を解決するソリューションとして、トリバゴなどの旅行比較サイトが登場します。旅行比較サイトはメタサーチサイトとも呼ばれていて、複数のオンライン予約サイト(OTA)を横断検索し、宿泊したいホテルの価格を比較することができるのです。

 

スポンサーリンク

旅行比較サイト1.トリバゴ(Trivago)

トリバゴとは?

trivago

金髪女性が流暢な日本語を話すトリバゴのCMはインパクトがありますよね。トリバゴはドイツに本社を置くtrivago N.V.が運営する、インターナショナルな旅行比較サイトです。今回紹介する4つの旅行比較サイトで唯一の外資系サイトになります。

トリバゴのメリット

trivago

トリバゴは、世界400社以上の宿泊予約サイトから検索できるのが最大のメリットである旅行比較サイトです。ホテル予約に特化しているので、画面操作と検索結果がシンプルでわかりやすいのが特徴となっています。

エクスペディアグループの一員なので、世界最大級の旅行サイト・エクスペディアの情報検索に強いこともトリバゴのメリットです。

トリバゴを試す

 

トリバゴのデメリット

トリバゴはホテルに特化したサービスなので、航空券+宿泊のパッケージを検索できないのがデメリットです。

旅行比較サイト2.トラベルコ

トラベルコとは?

trivago

日本国内の株式会社オープンドアが運営するトラベルコは、2017年に「トラベルコちゃん」から改称しました。国内外500以上の旅行サイトを検索できる旅行比較サイトです。

トラベルコのメリット

trivago

トラベルコの最大のメリットは、ホテル・宿泊だけでなく、格安航空券やパッケージプランからオプショナルツアーやWi-Fiレンタルまで、旅行に必要なあらゆる情報を検索できることです。AirBnbなどのシェアリングエコノミーサービスとも提携し検索できるのも大きな魅力です。

トラベルコのデメリット

検索カテゴリが多いので、サイトがわかりにくいのがトラベルコのデメリットです。多くの情報を集約しているので、使いこなすにはある程度慣れが必要になります。

スポンサーリンク

旅行比較サイト3.Travel.jp

Travel.jpとは?

trivago

Travel.jpは、日本国内の株式会社ベンチャーリパブリックが運営する旅行比較サイトです。約250社から集めた旅行情報を一括検索できます。旅のプロが執筆する「穴場ビーチでのんびりと過ごせる海外リゾート5選」といった旅行記事から検索できるシステムも備えています。

travel.jpのメリット

trivago

トップページの検索カテゴリが国内ホテル、国内ツアー、海外ホテル、海外ツアーの4つに絞られているので、すっきりしたサイトデザインになっています。シェアリングエコノミーサービスのAirBnB掲載物件も検索できるのがtravel.jpのメリットです。

travel.jpのデメリット

travel.jpは、海外ホテル予約サイトの提携数が比較的少ないので、海外ホテルの検索に弱いのがデメリットです。海外ホテルを検索したいのなら、他の旅行比較サイトをおすすめします。

旅行比較サイト4.フォートラベル

フォートラベルとは?

trivago

フォートラベルは、日本国内のフォートラベル株式会社が運営するクチコミ・旅行比較サイトです。カカクコムグループの一員でもあります。

フォートラベルのメリット

trivago

旅行記投稿サイトとしてスタートしたフォートラベルは、信頼できるクチコミが多数投稿されているのが最大のメリットです。日本語専用サイトなので、日本人の視点から見たホテルの評価をチェックできるのは海外ホテルを予約する際にとても参考になります。

クチコミをホテル選びの際に重要視したい方におすすめの旅行比較サイトとなっています。検索結果から、前後の日付で最安日を検索できるのもフォートラベルのメリットです。

フォートラベルのデメリット

これはほとんど全ての旅行比較サイトについても言えるデメリットなのですが、旅行比較サイトの検索対象はホテル予約サイト(OTA)のみなので、各ホテルの公式サイトは検索できません。公式サイトが最低価格というケースも多々あるので注意が必要です。

旅行比較サイトまとめ

楽天トラベルやBooking.comなどの宿泊予約サイトでは、最安値を調べるのが大変でした。その手間を解決する手段として、トリバゴ、トラベルコ、travel.jp、フォートラベルなどの旅行比較サイトが成長してきました。旅行比較サイトは宿泊予約サイトを横断して最安値を検索できるので、簡単に最安値でホテルを予約できます。

各旅行比較サイトによって提携している予約サイトが違うので、国内旅行中心、海外旅行が多いなど自分の旅スタイルに合った旅行比較サイトを使うことをおすすめします。また、ホテル公式サイトは検索対象になっていないので、念のためホテル公式サイトの値段もチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)