Screenpresso(スクリーンプレッソ)の使い方と日本語でのダウンロード方法を徹底解説

Screenpressoをご存知ですか?分かりやすくてスタイリッシュな注釈を簡単に付けることができる画面キャプチャーツールです。

パソコンの画面をトリミングして編集したり、録画して解説したりする機会が多い人にはオススメのフリーソフトなんです。画像の加工、文字入れ、囲み枠、ぼかしなどの編集が簡単にできます。

そんなScreenpressoの魅力を伝えるべく、今回は実際にScreenpressoで編集した画像を使いながら、ダウンロード方法と使い方について紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい!

Screenpressoのダウンロード方法

Screenpressoって知ってる?

ガジェテクさん

メアリーちゃん

知らないし、興味ない
サイトを作らない人には関係ない話だけど、サイトやブログ用の画像編集ですごく役立つツールだよ!
とりあえずダウンロード方法について解説していくよ!

ガジェテクさん

まずこちらのScreenpressoのダウンロードページにアクセスします。

「ダウンロード」をクリックしてください。

ダウンロードを実行しましょう。

「同意します」のチェックボックスを選択して「コンピュータにインストール」をクリックします。これで完了です。早速使ってみましょう!

スポンサーリンク

Screenpresso(スクリーンプレッソ)の使い方

Screenpressoの使い方について解説していくよ!

ガジェテクさん

スクリーンショットを実際に撮る・編集する・主な設定について紹介します。

スクリーンプレッソでスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショットの取り方は何パターンかあります。

指定領域のスクリーンショット

まず指定した範囲だけスクリーンショットを撮りたい場合です。

Screenpreddoを立ち上げると右下にワークスペースが出てきますね。ここに「キャプチャ」ボタンがあります。

「指定領域のスクリーンショット」が選択できるので、ここからスクリーンショットを取りましょう。

もしくはワークスペースの右上にあるマークを押すと設定画面がでてくるのでクイックキャプチャウインドウにチェックを入れておきます。

するとパソコン画面の真ん中上部に黒い線が出てくるので、そこにカーソルを合わせるだけでいつでもスクリーンショットが撮れるようになりますよ。

または、キーボードの「Print Scr」(プリントスクリーン)を押しても起動するので便利です。

普段「Print Scr」を使用すると自動的に全画面になってしまいますが、範囲を指定できるので後でトリミングする手間が省けますね。

全画面のスクリーンショット

画面全体をスクリーンショットすることもありますよね。

全画面をドラッグして選択しても良いですが、それだと手間なのでショートカットキーを使用しましょう。

キーボードの「Alt+Print Scr」を押してみて下さい。全画面が撮れるはずです。

ちなみに誤ってボタンを押した場合や、スクリーンショットをやめたいときは「Esc」を押すと解除されますよ。

録画する

次に画面を録画してみましょう。録画ボタンが右側にあります。

録画の開始・終了はともに「Print Scr」のボタンです。
プルダウンから録画する枠のサイズを選択したり、枠をドラッグして録画する範囲を変えたりできるので実際に試してみてください。

初めてのときは外部ソフトウェアのダウンロードが必要なので行っておきましょう。

簡単な録画ができました。何かの手順を解説する際には役立ちそうですね。

スクリーンプレッソで画像を編集する

次に、実際にスクリーンショットで撮影した画像を編集してみましょう。

編集画面の右上にあるコマンドから選びます。

左からそれぞれを解説していきます。

矢印を描く

矢印の種類は多く、色や太さ、影、スタイルなど様々な変更が可能です。矢印を曲げることも可能なので地図を編集するときにも使えそうですね。

四角形を描く

四角形も豊富です。色、太さを変えて強調したいところに置けば目立ちます。表を色ごとに分けたり、クリックしてほしいところに置いたりして使いましょう。

テキストボックスを追加

テキストはフォントやサイズ、下線、影など色々変更が可能です。元の画像にある文字よりも目立つので、文字が重なって読みにくくなることは少ないでしょう。

文字のスタイルは基本設定として登録することができるので、毎回フォントやサイズを調整しなくてもOKです。

吹き出しを追加

吹き出しもシンプルで分かりやすいデザインが多いです。テキストボックスと同じく文字のフォントなどは自由に変更可能。

番号付けを追加

画像や地図で番号を付けたいときに使用します。1,2,3…と番号が勝手に切り替わって出てくるので毎回オプションを変えなくてOK。手順を表す際にも使えますね。

強調

強調は蛍光ペンやマーカーのような役割を果たします。文字がずらーっと並んでいると読むのが嫌になってしまいますが、マーカーで強調しておけば大事な部分だけ飛ばし読みもできるので、文章が多い画像を扱う際には重宝しそうです。

楕円を描く

楕円を描くこともできます。四角形同様にサイズや太さを変えられるので、四角よりも柔らかみが欲しいときに使うといいですね。

ポリゴン描画

左クリックでスタートして方向を変えるときも左クリックです。終了するときは右クリックを押します。

フリーハンド

あまり使用することはなさそうですがフリーハンドが使えます。ペンタブがある人は重宝しそうですが、マウスのみでは綺麗に描くことは難しいですね。

指定の領域をぼかす

指定した部分をぼかしてモザイクのようにすることもできます。個人情報や写真、決済情報など見られたくない部分に使用できます。

ぼかしの強さを変更できるので、画像のように大きい文字でもぼかすことができます。普通の文字ならもちろん読めなくなります。

画像を追加

画像を追加することができます。チェックマークや矢印など、多くの画像がすでに備わっているので編集に使えそうです。

自分が保存している画像も取り込むことができるので合成することも可能。

ルーペを使う

ルーペ機能で一部分を拡大させることができます。特に強調したい部分や文字に使えますね。ズームの倍率を変えることも可能です。

波括弧を描く

波括弧を描くこともできます。まとめたい文章に使うかと思われますがあまり使う頻度は少ないように感じられます。

このように画像編集することができます。パソコン操作に慣れている方なら感覚ですぐに使いこなせると思うのでぜひ使ってみて下さい。

保存・再編集について

Screenpressoで編集を完了したら「別名で保存」をクリックして保存先を選びましょう。

ちなみに保存の隣にある「確定」を押すと再編集できなくなります。(有料ソフトなら可)

確定を押す前であれば右端の「取り消し」を押せばひとつ前に戻ることができるのでうまく取り入れてみて下さい。

Screenpressoの設定

ワークスペースの設定画面から詳細設定を変更できます。あまり特別な変更は必要ないと思うので「一般」のタブだけ見てみましょう。

  • windows起動時に自動起動する
  • 自動更新を有効にする
  • クイックキャプチャウインドウ
  • ワークスペースの保存先

この辺りを設定しておけば問題ないです。私の場合は特に邪魔ではないのでwindows起動時に一緒に起動させています。
自動更新も有効にしておいた方が手動で更新する手間が省けます。

クイックキャプチャウィンドウは、GoogleCromeやInternetExplorerのタブ部分にかかるので間違えて起動させてしまうことがあります。煩わしければチェックを外しておいてください。

ワークスペースの保存先も自分の分かりやすいところに指定しておきましょう。

メアリーちゃん

Screenpressoがあるとすごい便利なんだね!使わないけど・・・
メアリちゃんには関係ない話だったね。

ガジェテクさん

Screenpressoの使い方とダウンロード方法のまとめ

Screenpressoのダウンロード方法や使い方について紹介しました。とても便利で使いやすく、誰でも簡単に馴染むことができるフリーソフトですよね。

有料版もありますが、無料版で十分満足できるのではないでしょうか。

実際に私もサイトの登録手順を作るにあたってScreenpressoを使用しています。自分の工夫次第でいくらでも見やすく加工することができるので夢中になってしまいます。

手軽にスクリーンショットが撮れるソフトを探していたという方はScreenpressoを試してみてはいかがでしょうか。無料なのでダウンロードだけしておいても損は無いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)