マンション用のWifiLAN(無線LAN)の失敗しない選び方

WifiLAN(無線LAN)ルーターの購入を考えているマンション住まいの方必見WifiLAN(無線LAN)ルーターを選ぶポイントをご紹介します。

近年はWifiLAN(無線LAN)ルーターの性能も向上し、より高速で繋がりやすいモデルも出てきましたが、自分の家に合ったWifiLAN(無線LAN)ルーターを選ばないと「高速通信対応とあったのにWifiの通信速度が遅い」「繋がらない」「部屋によっては電波が弱いor届かない」など思わぬトラブルに直面することも……。

購入してから「しまった」と思わないように、チェックするポイントを押さえてお住まいの環境にあったWifiLAN(無線LAN)ルーターを選びましょう

WifiLAN(無線LAN)ルーターの選び方1:無線LANの規格で選ぶ

WifiLAN(無線LAN)ルーターの規格と受信側(スマホ・ゲーム機)の規格をチェック

WifiLAN(無線LAN)ルーターで使われている主要な通信規格は5つ存在します。規格ごとに通信速度・電子レンジなどの他の家電製品からの電波干渉の受けやすさ障害物に対する強さなどの特徴があります。

規格名 最大転送速度 周波数 電波干渉 障害物
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz 受けにくい 弱い
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz 受けやすい 強い
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz 受けやすい 強い
IEEE802.11n 300Mbps 2.4GHz/5GHz 受けやすい(2.4GHz)

受けにくい(5GHz)

強い(2.4GHz)

弱い(5GHz)

IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz 受けにくい 弱い

上記の通り、理論上の通信速度は速い方から「ac>n>g=a>b」の順になります。
しかし、早い規格に対応したWifiLAN(無線LAN)ルーターを選べば、Wifiに繋ぐ全ての端末の通信速度が早くなるのかというと、そうではありません。

無線の対応規格は、Wifiルーターだけではなく、スマホやタブレット、プリンタなど受信側にも設定されており、Wifiルーター側と受信側の両方が対応していないとその規格では繋がらないようになっています。

最近のWifiLAN(無線LAN)ルーターでは、1台で複数の規格を使用できるようになっているのが一般的ですが、廉価モデルや古いルーターでは対応規格が少ないこともあるので、ご注意ください。

なお、2018年現在、Wifiルーターやスマホで主流となっている規格は、IEEE802.11nIEEE802.11acになります。

MEMO
対応規格は「11ac/n/g/b」のように表記されていることもあります。

電波干渉と障害物への強さについて

WifiLAN(無線LAN)ルーターの通信速度に影響を与えるのが、電波干渉障害物です。

WifiLAN(無線LAN)は、電子レンジやBluetooth機器など、他の無線を使用する家電の影響を受けて速度が遅くなったり、Wifi自体が繋がらないことがあります
家電などの無線機器では2.4GHzの周波帯を使用しているものが多いので、5GHzの通信規格を利用した方が比較的電波干渉を受けにくく、安定して通信できるようになっています。

しかし、5GHzの通信規格は電波干渉を受けにくい一方で、障害物に弱いという弱点があります。受信側との間に壁や床などの障害物があると電波が届きにくくなるんですね。
5GHzのWifiLAN(無線LAN)を使う時は、なるべく受信側との間に障害物が少なくなるようにルーターを置いた方が速度が安定しやすくなります

迷ったらac対応の機種を選ぶ

どの規格に対応した機種を選べば良いか迷ったら、IEEE802.11ac対応のWifiLAN(無線LAN)ルーターを選べば間違いありません。

古いスマホやタブレット、携帯ゲーム機によっては、ac未対応のものもありますが、現在販売されているac対応の無線LANルーターは「n/g/a/b」にもほぼ対応しています。お使いのスマホや携帯ゲーム機の無線規格がわからないorバラバラな場合は、ac(+他の規格)に対応しているWifiLAN(無線LAN)ルーターを選びましょう。

スポンサーリンク

WifiLAN(無線LAN)ルーターの選び方2:速度で選ぶ


WifiLAN(無線LAN)ルーターを選ぶ時に一番気になるのが、インターネットを快適な速度で楽しめるかという点ですよね。
WifiLAN(無線LAN)ルーターの最高速度は一般的に「〇+〇MBps」と表記されます。これは複数の通信規格に対応している機種では、通信規格ごとに最高速度が変わってくるためです。

上の画像の機種だと、ac/n/a(5GHz)で1733MBpsn/g/b(2.4GHz)で300MBpsが理論値上の最高速度になります。
古いスマホやタブレットでは5GHzの通信規格に対応していないこともあるので、そういった端末で快適な通信を楽しみたい方は2.4GHzの速度もチェックしましょう。

有線接続速度もチェック!

WifiLAN(無線LAN)ルーターを購入する時は、つい無線の性能にばかり目がいきがちですが、有線接続も利用される方は有線接続時の速度も確認しておきましょう。

最近のインターネット回線は1GBps以上が普通で、WifiLAN(無線LAN)ルーターでも有線LAN速度1000MBPs(1GBPs)のものが増えてきましたが、廉価モデルの中には「有線LANポート100MBps」というものもあります


購入後に後悔しないためにも、有線LANポートの接続速度もぜひチェックしてください。

WifiLAN(無線LAN)ルーターの選び方3:ストリーム(アンテナ)数で選ぶ


WifiLAN(無線LAN)ルーターを選ぶ時には、ストリーム(アンテナ)数もチェックポイントです。ストリーム数は「2×2」や「3×3」(受信ストリーム数と送信ストリーム数)という風に表記されています。ストリーム数が多いほど複数の端末の接続に強くなります。

ご家族で使われる場合などは、それぞれのスマホやタブレットを同時に使われる機会も多いですよね。混雑による速度低下を抑えるためにも、ストリーム数が多いWifiLAN(無線LAN)ルーターを選ぶことをおすすめします

スポンサーリンク

WifiLAN(無線LAN)ルーターの選び方4:電波干渉自動回避機能付きの機種を選ぶ

複数の端末を一度に接続したり、電子レンジなど電波干渉を引き起こす他の家電の近くで使ったりしても通信を安定させたいならば、電波の混み具合を判別して自動で回避してくれるバンドステアリング機能オートチャネルセレクト(干渉波自動回避)機能が付いたWifiLAN(無線LAN)ルーターを選びましょう。

バンドステアリングは、接続している端末(スマホなど)の電波状況を判別し、2.4GHzと5GHzのうちの混雑していない周波数の方に自動で振り分けることで複数機器の接続時も快適な通信を保てるようにする機能です。

オートチャネルセレクト(干渉波自動回避)機能は、接続中の機器の通信を、他の機器の無線から干渉されにくいチャンネルに自動で変更してくれる機能です。
電子レンジなど他の家電無線LANルーター同士の電波干渉を避けることができます。
マンションでは、上下両隣のご家庭の無線LANルーターと自分の家の無線LANルーターが干渉してしまうこともあります。電波干渉が心配な方は、こうした自動回避機能付きWifiLAN(無線LAN)ルーターに変えてみてはいかがでしょうか。

注意
バンドステアリング機能対応機種でも、受信側の対応周波数や設定によっては振り分けできないことがあります

WifiLAN(無線LAN)ルーターの選び方4:ビームフォーミング対応機種を選ぶ


WifiLAN(無線LAN)ルーターの中には、受信側(スマホや携帯ゲーム機)の方向や距離を判別して、最適な電波を飛ばすビームフォーミング」という機能が付いているものがあります。
ビームフォーミング機能を使えば、電波が届きにくい離れた場所や障害物が多い場所でも安定して通信することができます。

ただし、ビームフォーミング機能を利用するには、受信側もビームフォーミングに対応していないといけません。せっかくビームフォーミング対応の無線LANルーターを購入しても、スマホやタブレットがビームフォーミング非対応だと通常の無線LANの速度と変わりはないのでご注意ください。
iPhoneなら6s以降の機種がビームフォーミング対応となっています。

ビームフォーミング非対応スマホでも高速通信できる機能

最近のWifiLAN(無線LAN)ルーターには、ビームフォーミング非対応のスマホでも、ビームフォーミングのように通信を高速化させる機能が付いたものがあります。BuffaloのビームフォーミングEXやI・OデータビームフォーミングW対応機種などです。
iPhone5sなどビームフォーミング非対応の端末でも、快適に通信したい方はこれらの機能を持つWifiLAN(無線LAN)ルーターがおすすめです。

WifiLAN(無線LAN)ルーターの選び方5:大きさ・形で選ぶ


WifiLAN(無線LAN)ルーターには、アンテナが外に出ているタイプ中に収納されているタイプの2種類が存在します。

タイプ 電波を飛ばす方向を手動で調整 収納スペース
外部アンテナタイプ 場所をとりやすい
内蔵アンテナタイプ 不可 場所をとりにくい

外部アンテナタイプは、アンテナを傾けることで電波を飛ばす方向を調整することができるので、状況によっては内蔵アンテナタイプよりも電波が届きやすいことがあります。
一方で、アンテナの分、内蔵アンテナタイプよりも収納スペースが必要になるというデメリットがあります。

また衝撃が加わるとアンテナが折れてしまうこともあるので、小さいお子さんの手が届かない場所に置くなど工夫が必要になります。

マンション用WifiLAN(無線LAN)ルーターのおすすめ

NEC Aterm WG1900HP

対応規格 無線の最高速度 有線の最高速度 アンテナ数 推奨最大端末数 推奨利用環境
ac/n/a/g/b 1300MBps+600Mbps 1000Mbps 3ストリーム(3×4) 18台 ~4LDK

NECの3階建て及び4LDK向けのプレミアムモデル。スマートなデザインで、設置場所に合わせて横置きも壁掛けもできるようになっています。
ビームフォーミング機能・バンドステアリング機能・オートチャンネルセレクト機能搭載で家中どこでも高速かつ安定した通信が期待できます。
WPS対応のルーターなら他社製のものでも簡単な操作で設定を引き継げる「Wifi設定引越し」機能も魅力的です。

2018年7月には後継機であり、IPv6通信対応・ハイパワーシステムでより遠くまで電波を届きやすくしたAterm WG1900HP2も発売されます。

I・Oデータ WN-AX2033GR

対応規格 無線の最高速度 有線の最高速度 アンテナ数 推奨最大端末数 推奨利用環境
ac/n/a/g/b 1733Mbps+300Mbps 1000Mbps 4ストリーム(4×4) 16台 ~4LDK

ビームフォーミング非対応端末も高速で通信ができるビームフォーミングW機能搭載。
WPSを使って他社製品から簡単乗り換えも可能、スマホやタブレットの初回接続はQRコードを撮影するだけでOK、と色んな設定が簡単にできるので、機器の設定が苦手な方におすすめです。

NEC WG1200CR

対応規格 無線の最高速度 有線の最高速度 アンテナ数 推奨最大端末数 推奨利用環境
ac/n/a/g/b 876MBps+300MBps 1000Mbps 2ストリーム(2×2) 10台 ~3LDK

サイズ約40.5(W)×116.5(D)×110(H)mmという非常にコンパクトなモデル。小さいのにac規格対応&有線最大速度1000Mbps、更にビームフォーミング機能も搭載しています。
ワンルームや少人数でWifiを利用される方で、なるべく安価に抑えたい方におすすめです。

注意推奨利用最大端末数や利用環境はメーカー記載のものになります。

高速の無線LANルーターに買い替えたのに通信が遅いor繋がらない時は


WifiLAN(無線LAN)ルーターを高速のものに買い替えたのに「通信速度が遅い」「電波が届かない部屋がある」「電波は届くけど弱い、時々繋がらないなど安定しない」といった問題が起きたら次の方法をお試しください。

置き場所を変える

WifiLAN(無線LAN)ルーターを設置する時に気をつけるポイントをチェックしておきましょう。

  • 家の中心におく
  • 電波干渉する家電の側に置かない
  • 床や壁から離す
  • 水気のあるものの側に置かない
  • 無線LANルーターの周りを覆わない

WifiLAN(無線LAN)ルーターの電波はルーターから離れれば離れるほど弱く、繋がりにくくなります。また、WifiLAN(無線LAN)ルーターの電波は上下も含めた全方向に円状に発信されるという特性があるので、隅の方の部屋に置くと、反対側の部屋まで電波が届かない、ということが起こりやすくなります。

壁際や低い位置に置いたり、周囲を覆ったりするとに電波が遮られてしまうので、なるべく周囲に物がない1~2mぐらいの位置に置きましょう。

また、電波は水に吸収されやすいので、無線LANルーターの周囲には水槽などを置かないようにしましょう。

LANケーブルを交換する


設置場所を変えてみてもずっと通信が遅い場合は、回線の終端装置(回線業者からレンタルしている装置)と無線LANルーターを繋げているLANケーブルが原因かもしれません。
LANケーブルにもカテゴリーと呼ばれる規格があり、対応できる通信速度が決まっています。

カテゴリー 通信速度
CAT5 100MBps
CAT5e 1GBps
CAT6 1GBps
CAT6e 1GBps
CAT7 10GBps
CAT7A 10Gbps

上記の通り、カテゴリー5(CAT5)は、1GBpsの通信速度には対応していません

LANケーブルの規格は、ケーブルのどこかに記載されています。

もし、1GBps以上対応のインターネット回線とルーターを使用していて、お使いのLANケーブルの規格がCAT5だった場合はCAT5e以上のLANケーブルに交換されることをおすすめします。

マンション用のWifiLAN(無線LAN)の失敗しない選び方のまとめ


WifiLAN(無線LAN)ルーターを選ぶ時は、利用する環境や人数、Wifiを使用する端末に合わせて選ぶと失敗しません。

スマホやPCはよく買い替えるけど、WifiLAN(無線LAN)ルーターは数年以上同じ機種を使用し続けているという方は、最新の無線規格対応のルーターに変えるとご自宅のWifiの通信速度がグッと早くなるかもしれませんよ。

もし、高性能のWifiLAN(無線LAN)ルーターを設置してもWifiの電波が届かない・遅いと感じる部屋がある時は、設置場所などを変えてみると改善されることがあるので、ぜひ試してみてくだい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)