Datallyアプリの使い方!Androidでモバイルデータ通信量とバッテリーを節約する方法

Datallyアプリは、Google公式が提供するAndroid端末用モバイルデータ通信の監視・管理用アプリです。

スマホを使っていて「妙にモバイルデータ通信量が増えたけれど、どのアプリが原因かわからない」「頻繁にバックグラウンドで更新するアプリを止めたい」なんて思ったことはありませんか?

Datallyなら、端末にインストールされているアプリごとにモバイルデータ通信量のチェックや通信制限ができるので、モバイルデータ通信量やバッテリーを簡単に節約できます。

そんなDatallyの詳しい機能と使い方をご紹介します。

メアリーちゃん

最近スマホの動きがすごく遅いんだけど、なんでだろう・・・
知らない間に使っていないアプリが動いているかもしれないね!Datallyだったら、何のアプリが通信料を使ってるかわかるよ!

ガジェテクさん

Datallyアプリとは?-Android用モバイルデータ通信量制限アプリ-

開発元 Google LLC
対応端末 Android(5.0 以上)
対応言語 日本語対応済み
利用料 無料
注意事項 VPN接続使用(他のVPNアプリと競合)

Datally: モバイルデータを節約し Wi-Fi を検索できる Google のアプリ

Datally: モバイルデータを節約し Wi-Fi を検索できる Google のアプリ

Google LLCposted withアプリーチ

 

Datallyの主な機能は次の通りです。

  • モバイルデータ通信量の圧縮(=削減)
  • アプリごとのモバイルデータ通信量の把握と制限
  • 使用中のアプリの通信量をリアルタイムで確認
  • 周辺にあるWi-Fiスポットを検索
  • 一日に使うモバイルデータ通信量の上限の設定
  • 緊急用の通信量を確保しておく
  • 端末貸出中にゲストモードで通信量を制限できる

Datallyを使用すると、通信データがGoogleのサーバーを経由するようになり、サーバーでデータのサイズを圧縮することで、通信量を節約することができます。

アプリごとのデータ通信量のチェックやデータ通信制限もできる上に、バックグラウンドで動くアプリの通信制限も可能なので「知らない内に通信量が激増している」「アプリが頻繁にアップデートするせいでバッテリーの減りが早い」という事態を防げます。

他にも「周辺Wi-Fiスポット検索」や端末を貸す際にモバイルデータ通信量を制限できる「ゲストモード」など、モバイルデータ通信量の節約を助けてくれる便利な機能が備わっています。

リリース当初は英語版のみでしたが、アップデートにより現在は日本語にも対応しています。

スポンサーリンク

Datallyの評価・評判


2018年9月現在、Google PlayストアでのDatallyの評価は、37,500超のレビューで★4.3と高評価です。
Datallyの良い評価・悪い評価をそれぞれまとめました。

Datallyの良い評価・評判

  • データ使用量がわかりやすくなった
  • バックグラウンドで更新するアプリの通信量も節約できる
  • 日本語対応して使いやすくなった

Datallyのひと目で各アプリの通信量がわかる点、通信制限の操作がワンタッチでできる点は好評のようです。
また、リリース開始直後は日本語非対応である点がマイナス評価に繋がっていましたが、2018年1月30日のアップデートで日本語対応され、評価を上げた方も多いようです。

Datallyの悪い評価・評判

  • 他のVPNを使用するアプリと競合する
  • 通信量の節約効果があまり感じられなかった

DatallyはVPNという技術を利用してGoogleサーバーにモバイルデータを経由させており、他のVPNを利用しているアプリと同時使用はできません。他のVPNアプリを使用する際は、Datallyの一部の機能を停止させる必要があります。

また、Datallyの節約効果は、使用する機種や環境によって変わります。環境によっては、通信量やバッテリーに対する節約効果が感じられなかったり、逆にスマホの動作が重くなることもあるようです。

MEMO
VPNとは:
インターネット上に暗号化された仮想のネットワークを構築し、情報をやり取りする際の盗み見や改ざんなどのリスクを防ぐ技術。
身近なところでは、カフェやホテルなどの無料公衆Wi-Fiを安全に利用するためのVPNアプリが存在します。

Datallyの使い方1:インストールと初期設定

1.DatallyアプリをGoogle Playストアからダウンロード

 

2.アプリを起動し「続行」をタップ

 

3.「電話の発信と管理」を「許可」する

 

4.「使用状況へのアクセスをを開く > OK」をタップ

 

5.「Datally」をタップし「使用状況へのアクセスを許可」をONにする

 

6.Datallyのホーム画面が表示される

 

これでDatallyが使える状態になりました。

スポンサーリンク

Datallyの使い方1:データセーバー(通信管理&節約機能)


データセーバーとは、Datallyでモバイルデータ通信を監視し、データを圧縮して通信量を節約するための機能です。

1.アプリを起動し、「データセーバーを設定」をタップ

 

2.「許可 > OK」をタップ

 

3.設定が終わると「データセーバーON」と表示される。ONになっている間はモバイルデータ通信が監視&通信量削減が行われている

 

4.Datallyによるモバイルデータ通信の監視/節約機能を停止させたい時は「データセーバーON > 無効にする」をタップ

再び監視/節約機能を有効にしたい時は「データセーバーOFF」をタップする

MEMO
データセーバーONにしていても、Wi-Fi接続時には自動でOFFになります。

再びモバイルデータ接続に切り替わった時にはデーターセーバーも自動でONになります。

Datallyの使い方2:アプリごとのモバイルデータ通信量の確認と管理


Datallyでは「データを管理」機能で一定期間ごと、アプリごとのデータ通信量を確認できます。また、データセーバー機能をONした際に、通信を制限するアプリを個別に設定することも可能です。

モバイルデータ通信量を確認する

1.アプリを起動し「データを管理」をタップ

 

2.その日のモバイルデータ通信量の総量が表示される。下にスクロールするとアプリごとのデータ通信量も確認可能

 

3.「今日」の横の「< >」をタップすることで、別の日の通信量もチェック可能

また、「今日」をタップすると集計期間を「週単位/月単位」に変えられる

 

データセーバーで通信を制限するアプリの設定

データを管理」では、アプリの横にある「ロックアイコン」をタップすることで、データセーバー機能使用中の通信の許可/不許可を個別に設定できます。

データセーバー使用中でもバックグラウンドで更新してほしいアプリがある場合は、ここでロックを解除(赤枠の状態)しておきましょう。

MEMO
データを管理」でロックしても、そのアプリを起動した際には自動的にロックが解除され、データ通信が可能な状態になります。

アプリ起動中もデータ通信を行いたくない場合は後述する「ふきだしトラッカー」を使うことでにデータ通信をブロックすることができます。

Datallyの使い方3:モバイルデータ通信量の上限を設定する

一日に使用する通信量の上限を決める「1日の上限」、緊急用に通信量を確保しておく「緊急用バンク」、端末を人に貸す時に使用して良い通信量上限を設定する「ゲストモード」の使い方をご紹介します。

1日の上限の設定

1日の上限」では、1日あたりのの端末のモバイルデータ通信使用量の上限を設定することができます。

 

1.「1日あたりに使用するモバイルデータ通信量」を設定し、「1日の上限を設定」をタップ

設定した上限値を超えそうになると、自動的に全てのアプリの通信が制限され、通知やアプリの画面で警告が表示されます。

緊急用バンクの設定

Datallyでは緊急時に備えて、あらかじめモバイルデータ通信量を確保しておく「緊急用バンク」という機能が用意されています。

1.「緊急用バンク」の「残量の詳細を追加」をタップ

2.「緊急用データの確保」「現在のデータ残量」「有効期限」を設定し「確認」をタップ

 

3.確保したモバイルデータ通信量を使用しそうになると、自動的に全てのアプリの通信が制限され、警告が表示される

警告内の「緊急用データを使用」や「データを許可」をタップすれば、再度モバイルデータ通信が可能になる

 

ゲストモードの設定

ゲストモード」では、端末を人に貸す際、パスワード付で使用できるモバイルデータ通信量を制限することができます。

 

1.「ゲストモード」で「使用できるモバイルデータ通信量」を設定し「ゲストモードをONにする」をタップ

 

パスワードの入力を求める」にチェックを入れておくと、ゲストモード解除用の4桁のパスワードを設定できる

 

2.ゲストモード中に設定したモバイルデータ通信量を超過すると、警告が表示され、全てのアプリでモバイルデータ通信が制限される

 

3.Datallyで「ゲストモードをOFFにする」をタップすることで通信制限を解除できる。

手順1で解除パスワードを設定していた場合は、パスワードの入力が求められる

 

なお、間違ったパスワードを入力すると、5分後に自動的にゲストモードがOFFになります。なので、万が一パスワードを忘れてしまっても永遠に通信量が制限されてしまうことはありません。

Datallyの使い方3:ふきだしトラッカー(リアルタイムで通信量確認)

データセーバー機能をONにすると、画面上に「ふきだしトラッカー」という丸いアイコンが表示されるようになります。

 

ふきだしトラッカーには、現在使用中のアプリのリアルタイムのモバイルデータ通信量が表示されます。

また、表示中のふきだしトラッカーをタップすることで、現在使用中のアプリの通信制限やふきだしトラッカーの非表示化を行うことができます。

 

 

Datallyの使い方5:フリーWi-Fi検索

Datallyでは現在地の付近にあるフリーWi-Fiを検索することが可能です。

 

1.フリーWi-Fi機能を使うには「位置情報へのアクセス」を許可する必要がある

 

2.「探す」タブではマップ上に現在地近くのフリーWi-Fiスポットが表示される。

付近」タブでは各フリーWi-Fiスポットの一覧と評価が確認できる

メアリーちゃん

これで何にデータ量が割いてたか一目でわかるね!
そうだね!すごく便利なアプリだけど、残念ながらiPhoneには対応してないね

ガジェテクさん

Datallyアプリの使い方!Androidでモバイルデータ通信量とバッテリーを節約する方法のまとめ

Datallyを使えば、Androidスマホのモバイルデータ通信量やバッテリーを節約しやすくなります

アプリの頻繁な更新によるデータ通信量の増加やバッテリー消費にお悩みのAndroidユーザーは、ぜひ一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)