2段階認証アプリauthyの使い方

AuthyはGoogle Authenticatorと同じ2段階認証アプリです。

使い方もGoogle Authenticatorと似ていますが、Authyには複数デバイスで使えて機種変更時の引き継ぎが簡単にできるというメリットがあります。

Authyの特徴と使い方をご紹介します。

メアリーちゃん

スマホのアカウントが誰かに乗っ取られた・・・
あまり重要じゃないアカウントだったらいいけど、仮想通貨のような重要アカウントが乗っ取られたら大変だね!
乗っ取られないように2段階認証のアプリを入れてみて!

ガジェテクさん

Authyの特徴

開発元 Authy.inc
対応デバイス iPhone/Android/PC(ブラウザ:Chrome)
利用料 無料

Authy

Authy

Authy Inc.無料posted withアプリーチ

 

Authyは、ネットバンクやGoogleアカウントなどで2段階認証を行うのに必要なワンタイムパスワードを管理するアプリです。

2段階認証アプリとしてはGoogle Authenticatorの方が有名ですが、AuthyにはGoogle Authenticatorにはない特徴があります。

  • PCを含む複数の端末間で利用できる
  • 機種変更時の引き継ぎが簡単

Authyは設定をクラウド上にバックアップしておけるので、複数の端末での利用機種変更時の引き継ぎが簡単にできます。

しかも、Chromeブラウザでも利用できるので、スマートフォンが手元にない時も、PCで2段階認証ができるというメリットがあります。

スポンサーリンク

Authyを使うデメリット

2段階認証にAuthyを使う主なデメリットは次の2つです。

・アプリも公式サイトも英語表記
・Google Authenticatorに比べると安全面で劣る

Authyは2018年6月現在、アプリも公式サイトも日本語非対応です。
ただ、アプリについてはそれほど難しい操作は必要ないので、英語がわからなくても操作に困ることはあまりありません。

セキュリティに関しては、設定などをクラウド上に保存して共有するという性質上、Google Authenticatorに劣ります。

これについては利便性と安全性のどちらを選ぶかという話になりますね。

Authyの初期設定


Authyのアプリ版の初期設定の方法をご紹介します。

MEMO
アプリ側でキャプチャが禁止された画面は、別デバイスで撮影した画像を使用しています。

1.iTunes App StoreまたはGoogle PlayストアからAuthyをダウンロードし、起動する。
2.Acoount Setup画面が表示される。

 

Code」をタップすると「国名(国際電話の国番号)リスト」が表示されるので「Japan」を選ぶ。

 

3.Cellphone numberに自分の電話番号を入力して「OK」をタップ

4.登録するメールアドレスを選択する。表示されているメールアドレス以外を使用する場合は「上記以外」をタップし、入力する

 


5.「PHONE CALL」または「SMS」のいずれかの認証方法を選択する。

※今回は「SMS」を選択した場合で説明

6.入力した電話番号にSMSが届くので、記載されているコードをアプリの画面に入力する

 

7.ホーム画面が表示される

これで初期設定が完了しました。

MEMO
手順4でPHONE CALLを選ぶと、登録した電話番号に電話がかかってきます

英語でコードを入力するように促す案内が流れるので、アプリ画面に表示された数字を電話のプッシュボタンまたはパッドキーで入力して認証を行います。

スポンサーリンク

Authyで2段階認証を設定する方法


Authyで各アカウントを設定する方法をご紹介します。
1.「右上のハンバーガーアイコン>Add Acount」を選択

2.初回登録時は、バックアップパスワードを設定するように促されるので、2か所にバックアップパスワードを入力する。

バックアップパスワードを入力したら、「ENABLE BACKUPS」をタップする

注意
この手順はスキップできます。

ただし、バックアップパスワードは複数デバイスで使用する場合や機種変更時の引き継ぎをするために必要なものなので、最初に登録しておくことをおすすめします。

また、バックアップパスワードを忘れないようにご注意ください。

3.2段階認証を設定するサービスまたはアカウントで、QRコードまたは設定用トークン(パスワード)を表示させる

4.QRコードを読み込む場合は、「SCAN QR CODE」をタップし、QRコードを読み込む。初回はカメラ機能使用の許可が求められるので、「許可」をタップ

5.好きなアカウント名ロゴ(アイコン)を設定する。アカウント名とロゴは後からでも変更可能

これで、設定完了です。
各アカウントの下に表示されているのが、2段階認証のためのパスワードになります。

 

Authyを複数のデバイスから使用する


複数のデバイスで、Authyの2段階認証のパスワードを同期する方法をご紹介します。

2台以降のデバイスでワンタイムパスワードを同期するには、次のものが必要になります。

  • Authyに登録済みの1台目(デフォルト)のデバイス
  • バックアップパスワード

同期設定の際には、1台目(デフォルト)のデバイスの承認とバックアップパスワードが必要になります。

これからご紹介する方法は既に1台目のデバイスでAuthyを使用を開始し、バックアップパスワードを設定している状態を想定して説明しています。
まだ1台目にAuthyをインストールしていない方やバックアップパスワード未設定の方は、設定した上でご覧ください。

1.1台目のデバイスで、Authyアプリを開き、「右上のアイコン>Settings>DEVICES」をタップし、「Allow multi-device」を有効にする

 

2.2台目のデバイスにAuthyアプリをインストールし、起動する
3.1台目で登録したものと同じ電話番号を入力し、認証方法で「Use existing device」をタップ

 

 

4.1台目のデバイスでAuthyアプリを開くと、デバイスの承認を要求する画面が表示されるので「ACCEPT」をタップ

 

5.「本当に全ての2段階認証パスワードを同期しても良いなら『OK』と入力してください」というメッセージが表示されるので「OK」と入力してから「OK」をタップ

 

6.デバイスの追加が完了したことを知らせるメッセージが表示されるので「OK」をタップ

 

7.2台目のデバイスで、登録済みのアカウントの中からどれか一つをタップ

8.「Unlock Accounts」と表示されたら、バックアップパスワードを入力し、「DECRYPT ACCOUNT」をタップ

これで2台目のデバイスでもパスワードを見られるようになります。

同期設定には1台目のデバイスでの承認バックアップパスワードの入力が必要になりますが、一度同期設定すれば、アカウントごとに設定する必要がないのは楽ですね。

なお、2台目以降のデバイスを追加後、「Allow multi-device」の設定を無効にすると、登録済みのデバイス同士の同期は有効のまま、新規のデバイス登録だけができない状態になります。

また、同期済みの端末の削除デフォルトのデバイスの変更は「右上のアイコン>Settings>DEVICES」から行います。

機種変更時にAuthyのデータを引き継ぐ


機種変更後にAuthyのデータを引き継ぐ方法をご紹介します。
なお、機種変更前のデバイスが手元にある場合は、上でご紹介した「Authyを複数のデバイスから使用する」方法で機種変更後のデバイスを登録することができます

1.機種変更後のデバイスにAuthyアプリをインストールし、最初の画面でAuthy登録済みの電話番号を入力する

2.認証には「Phone Call」または「SMS」を選択し、指定した方法で認証する

 

これで、機種変更前に使用していたのと同じアカウントの内容をそのまま引き継いで利用することができます。

機種変更時に電話番号も変更する場合の引き継ぎ

上記の方法では、引き継ぎ時にはAuthy登録済みの電話番号による「SMSまたは電話による認証」が必要なのでご注意ください。
機種変更と同時に電話番号を変更される方は、次のどちらかの方法を使って設定を引き継げます。

  • 機種変更前のデバイスを使って機種変更後のデバイスを承認する(「Authyを複数のデバイスから使用する」の方法)
  • 機種変更前にAuthyに登録している電話番号を「家の電話番号など機種変更に関係なく使える電話番号」に変えておいて、その電話番号で承認する

Authyに登録済みの電話番号は、「右上のアイコン>Settings>MY ACCOUNT」から変更できます。


注意
電話番号変更時は、新しい電話番号によるSMSか電話で認証が必要になります

AuthyをPC(Chrome)から使用する


AuthyをPC(Chrome)から使用する方法をご紹介します。

1.PCにChromeブラウザをインストールする。
2.Authy公式サイトの「DOWNLOAD>Available in the chrome web store」をクリック

 

3.「Chromeに追加をクリック

 

 

4.「アプリを追加」をクリック

 

5.Authyのアイコンをクリック

6.認証画面が表示されるので、アプリ版と同じように電話番号や他のデバイスで認証する

7.認証が完了したら、左上の歯車アイコン(設定)をクリック

 

8.Chromeでログインする際に使用する「Master Password」を入力して「Set」をクリック。「Confirm Password」と出たらもう一度同じパスワードを入力して「Save」をクリック

 

9.右上の「×」をクリックして設定画面を閉じる。

ここで登録したMaster Passwordは、ChromeブラウザでAuthyを起動する際に入力します。

 

10.登録済みのアカウントの中からどれか一つをクリックし、「Unlock Accounts」と表示されたら、バックアップパスワードを入力し、「DECRYPT ACCOUNT」をタップ。

 

注意
セキュリティ上の安全のため、Master Passwordとバックアップパスワードは別のものにしましょう。

なお、ChromeウェブストアでAuthy Chrome Extentionもインストールしておくと便利です。

 

Authy Chrome Extentionインストール後はChrome右上にAuthyのアイコンが表示され、クリックでログイン画面が表示されるようになります。

メアリーちゃん

最初はめんどくさいと思ってたけど、使い始めるとそうでもないね!
2段階認証に対応しているサイトやアプリはまだまだ少ないけど、対応しているサイトはなるべく入れた方がいいよ!

ガジェテクさん

2段階認証アプリauthyの使い方のまとめ


Authyを使うと、2段階認証設定の引き継ぎや複数デバイス間の共有が簡単にできるようになります。

頻繁に機種変更する方やPCからも2段階認証設定をしたいという方に特におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)