世界で最も使われている教育学習アプリのsnapaskの使い方や質問方法

Snapaskは中高生向けオンライン教育学習アプリです。

勉強中にわからない問題についてアプリから質問するだけで、自宅にいながら一流大学の現役生や卒業生のチューターにマンツーマンで指導してもらえます。

いつでもどこでも、自分のペースで指導が受けられる画期的な教育学習アプリ Snapaskの使い方をご紹介します!

Snapaskとは?世界で最も使われている教育学習アプリ

運営 Snapask Japan株式会社
対応OS iOS9.0以降,Android4.1 以上
利用料 登録無料/アプリ内課金あり
無料体験 初回登録で質問3回分無料
対象 中学校教育課程、高校教育課程、センター試験、大学別2次試験、英検、TOEIC

Snapaskは、香港発の最新テクノロジーを利用したオンライン教育学習アプリ。現在、日本のみならず世界7か国で利用されています。

利用者がアプリから勉強でわからない問題を質問すると、その教科が得意なチューターとマッチングされ、LINEのトークのようなライブ形式でやり取りできます。

質問に回答してくれるチューターは東大、京大、早稲田大などの現役生または卒業生! 自宅にいながら一流大学生の指導をマンツーマンで受けられるなんて塾や家庭教師ではなかなかないですよね。

質問した内容は履歴として残り、後で見返すこともできます。

登録は無料で通常は質問するためには課金が必要になりますが、初回登録時に無料で3回分の質問チケットがもらえるので、気軽にお試しできます。

スポンサーリンク

Snapaskの使い方1:インストール~初回登録

Snapaskの使い方を実際の画面のスクショ付きでご紹介します。

1.iTunes App StoreまたはGoogle Playストアからアプリをダウンロードする

 

2.アプリを起動し、「生徒アカウントを作成する」をタップ

3.「電話番号」または「Facebookアカウント」のどちらでログインするかを選択。※今回は電話番号で登録する方法をご紹介します。

 

 

4.アプリに「SMS」と「電話の発信と管理」を許可する

5.日本の国番号「81」と自分の電話番号を入力し、「次へ」をタップ

 

6.登録した電話番号にSMSが届くので、記載されているコードをアプリに入力。

 

7.ログインパスワードを設定し、「次へ」をタップ

 

8.所属する学年を選択

 

9.「完了」をタップ

 

10.ホーム画面が表示される。初回は無料で3回分の質問チケットがもらえる。

すぐに質問しない場合は「分かりました」をタップしてホーム画面へ。

Snapaskの使い方2:チューターに質問する

1.ホーム画面の「+」ボタンをタップ

 

2.質問したい問題の対象学年科目を選んで「次へ」をタップ。自分の学年に関わらず、中学1年~高校3年までの範囲の内容を尋ねられる

 

3.質問方法を選択する。文字入力で質問できる(画像中央)他、問題文を写真で撮影することもできる。画像には簡単な文字なども追加可能(画像右)。

 

4.質問を入力したら、「次へ」をタップし、質問するチューターを選ぶ。

公開」は全てのチューターの中から立候補したチューターが選ばれる。

お気に入りに登録済みのチューターが入る場合は「お気に入りチューター」から選択可能。

 

5.質問をするとチューターとマッチングするまで待機中になる。マッチングされると「○○さんが来てくれました」と表示されるので、赤枠部分をタップ

 

6.(手順4で「公開」を選んだ場合)マッチングしたチューターの名前と評価が表示される。

このチューターに依頼する場合は「授業開始」、別のチューターに依頼したい場合は「別のチューターを探す」をタップ

※1度の質問でマッチングできるのは4回まで。4回マッチングした後は4人目のチューターと授業を開始するか、「キャンセル」を選択できる。

 

7.授業を開始すると、トーク画面に移り、チューターとメッセージや画像、音声でやり取りできるようになる。

 

8.授業を終了する時は右上のハンバーガーマーク(画像赤枠)部分をタップして、「授業を終了する」を選ぶ。

なお、授業中に違反行為や迷惑行為があった場合も、このハンバーガーマークから運営に報告することができます。

 

 

以上、Snapaskで質問する方法でした。

実際に質問してみたところ、質問をしてから2,3分程度で最初のチューターとマッチングできました。マッチング後はリアルタイムでやり取りできるのでチューターの回答に対して更に詳しく質問し、理解できるまで教えてもらえます。

注意
1度の授業で質問できる問題は1つまでです。

また、授業開始後、チューターに対して返事をせず15分以上放置すると授業が終了することがあります。

スポンサーリンク

Snapaskの使い方3:過去の質問を見返す

 

Snapaskでは、「ホーム画面>履歴」から過去に質問した内容を何度でも読み返すことができます。

これなら、質問した時には理解しきれなかった問題を後からじっくり見直すこともできますね。

質問は科目ごとに分類されるので、定期試験前の総復習にもピッタリです。

Snapaskの使い方4:チューターを評価/お気に入りに登録する


Snapaskでは質問をしてチューターに指導を受けた後は、そのチューターを評価したり、お気に入りに登録することができます。

チューターを評価する

授業終了後の画面、または過去の質問履歴から指導してもらったチューターを評価することができます。

 

評価をすると、マッチング時に表示されるチューターの評価に反映されます。

チューターをお気に入りに登録する

一度授業を受けたチューターをお気に入りに登録することができます。お気に入りに登録したチューターは、次回以降の質問で回答者として指名できるようになります。

説明がわかりやすいと感じたチューターがいたら、ぜひお気に入りに追加しましょう。

お気に入りの登録は「そのチューターに回答してもらった授業の履歴>チューターのアイコン(画像左の赤枠)>お気に入りに加える」から行います。

 

お気に入りに登録できるのは最大5人まで。登録後は、質問の際にそのチューターを直接指名することができるようになります。

 

MEMO
お気に入りのチューターを直接指名できるのは月に3回までとなります。

Snapaskの使い方5:プロフィールを登録/変更する

Scansnapはプロフィールからユーザーネームやメールアドレスなどを登録/変更することもできます。

初回起動時に登録した電話番号とログイン用パスワードだけでもアプリを利用できますが、ユーザーネームはセッション時にチューターにも表示される名前(初期はランダムの英字)なので、ここだけ変更しておくのも良いかもしれません。

ユーザーネームの変更は「アプリ右下のアイコン>プロフィール>ユーザーネーム」から行えます。

 

Snapaskの料金プラン

【画像】

登録時にもらった3回分のお試し無料チケットを使った後もSnapaskの利用を続けたい時は、有料プランを利用しましょう。Snapaskの課金プランは、「定額プラン」と「回数パックプラン」の2種類から選べます。

課金プラン 回数パックプラン(参考:1回分の料金) 定期プラン
5回 10回 20回 1か月 4か月(※)
料金 1,800円(360円) 3,200円(320円) 5,900円(295円) 9,800円/1か月毎 32,480円/4か月毎

※4か月定期プランはSnapask公式サイトから申し込むことができます。

「定額プラン」は継続期間中、質問回数無制限で利用できます。「回数パックプラン」は一定回数分の質問チケットを購入するプランです。なお、回数パックプランで購入した質問チケットには利用期限がないので、購入月に使用しなかったチケットは翌月以降に持ち越すことができます。

有料プランの購入は、Snapaskアプリ内のコイン型のアイコン(下記画像赤枠)またはSnapask公式サイトから行えます。

注意
定期プランは現在のプランの期間が終了する24時間前までにキャンセルしない限り、自動更新されます。

●定期プランの自動更新を停止する方法

  • アプリから申し込んだ場合:iTunesまたはGoogle Playストアのユーザーアカウントの設定で「自動更新を無効にする」または「購読をキャンセル」を選択
  • Snapask公式サイトから申し込んだ場合:Snapask公式サイト内の「設定」で自動更新を無効にする

Snapaskの質問回数を無料で増やす方法

Snapask初回登録時に無料で付与される質問回数は3回ですが、招待コードを使うことで更に無料の質問回数を増やすことができます。

「ホーム画面>設定(右下のアイコン)>無料質問を取得する」で表示される画面から自分の招待コードを友だちにシェアしたり、友だちのコードを入力すると1度に2回分の無料質問権がもらえます。

最大20回分の無料質問権がもらえるので、Snapaskに興味がある友だちがいたら誘ってみましょう。

 

 

snapaskの使い方や質問方法のまとめ

Snapaskは、時間や場所にとらわれず一流大学の現役生/卒業生のチューターにマンツーマンで指導してもらえる新しい教育学習アプリです。

使い方は簡単で、初回登録時には3回分の無料質問チケットももらえるので、興味がある方はぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)